トップ > メールマガジン > MBL研究用試薬情報サービス 2018年7月3日号(第242号) ≪第30回 高遠・分子細胞生物学シンポジウム 開催のご案内≫

メールマガジン

MBL研究用試薬情報サービス 2018年7月3日号(第242号) ≪第30回 高遠・分子細胞生物学シンポジウム 開催のご案内≫

☆★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

MBL研究用試薬情報サービス 2018年7月3日号(第242号) 
>>第30回 高遠・分子細胞生物学シンポジウム 開催のご案内<< 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆★

南アルプスのふもとでの夏合宿。
研究生活の新たな扉が開く出会いが待っている!




第30回 高遠・分子細胞生物学シンポジウム「細胞生物学の再構成」
http://takato-sympo.com/

■ 開催期間:2018年8月23日(木)~8月24日(金)
■ 開催場所:高遠さくらホテル(長野県伊那市高遠町勝間217番地)
  https://www.ina-city-kankou.co.jp/sakurahotel/
■ 参加費:9,000円(宿泊代、夕・朝食 込み)

【プログラム】
 ・中心小体複製の基本原理とその理論化
   北川 大樹 [東京大学]
 ・おコメの数を決めるメカニズム
   経塚 淳子 [東北大学]
 ・生物機能を活用した疾患治療の新時代
   嘉糠 洋陸 [東京慈恵会医科大学]
 ・機械学習・数理科学で疾患の多様性と個別性に迫る
   川上 英良 [理化学研究所]
 ・かおりの生態学 −我々の認識を超えて今そこにあるかおりの世界を解読する−
   高林 純示 [京都大学 生態学研究センター]
 ・次世代オルガノイド医療の展望
   武部 貴則 [シンシナティ小児病院, 東京医科歯科大学,
     横浜市立大学大学院先端医科学研究センター, タケダCiRA (T-CiRA) Program]
 ・ヒト生殖細胞試験管内誘導研究の現状と展望
   斎藤 通紀 [京都大学]
 ・宇宙における地球外生命探査
   山岸 明彦 [東京薬科大学]

 ※ポスターセッション:
   今年も開催予定です。


**************
お申し込み
**************
2018年7月27日までに高遠・分子細胞生物学シンポジウム専用ウェブサイトの参加受付
フォームから、あるいは、参加申込書にて下記事務局までe-mailでお申込みください。

◆ 参加受付フォーム
  https://takato-sympo.com/application/
◆ 参加申込書
  http://takato-sympo.com/data/pdf/schedule/59OMBwH5.pdf
 (PDFファイルの2枚目に参加申込書がございます。)


<問い合わせ先>
(株)医学生物学研究所内 高遠シンポジウム事務局
 TEL:03-5248-3066
 e-mail:takato@mbl.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
なお、本情報サービスについてご意見、ご要望などお待ちしております。