トップ > メールマガジン > MBL研究用試薬情報サービス2017年8月21日号(第222号) ≪概日リズム WEBサイトリニューアルのご案内≫

メールマガジン

MBL研究用試薬情報サービス2017年8月21日号(第222号) ≪概日リズム WEBサイトリニューアルのご案内≫

☆★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
MBL研究用試薬情報サービス2017年8月21日号(第222号)
>> 概日リズム WEBサイトリニューアルのご案内<<
    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆★


概日リズムのサイトが新しくなりました!
http://ruo.mbl.co.jp/bio/product/circadian/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
製品使用例を多数掲載!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

明暗周期が管理された環境で飼育されたマウスの脳組織染色なども掲載!
http://ruo.mbl.co.jp/bio/product/circadian/exuse/per1-2.html

1) Anti-Per2 (Mouse) pAb (Code No. PM083) 2) Anti-DBP (Mouse) pAb (Code No. PM079)
Anti-Per2 (Mouse) pAb  (Code No. PM083) Anti-DBP (Mouse) pAb  (Code No. PM079)


3) Anti-CLOCK (Mouse) mAb (Code No. D349-3)
 Anti-CLOCK (Mouse) mAb  (Code No. D349-3)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
製品リスト一覧で概日リズム抗体を探しやすくなりました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらのサイトから、製品リストをチェック!
http://ruo.mbl.co.jp/bio/product/circadian/product-list.html




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京大学 深田 吉孝 先生の寄稿文を掲載!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

体内時計を制御するChronocodeという新概念:
時計タンパク質の修飾リズムが織りなす時刻形成機構
http://ruo.mbl.co.jp/bio/product/circadian/special-talk.html




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その他にも概日リズム関連抗体の情報を多数掲載!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□ Per1/2, Cry1/2 
  http://ruo.mbl.co.jp/bio/product/circadian/pickup/Per-Cry.html
□ BMAL1, CLOCK, Chrono, NR1D1, NR1D2  
  http://ruo.mbl.co.jp/bio/product/circadian/pickup/bmal1-clock-chrono.html
□ DBP, NFIL3(E4BP4)
  http://ruo.mbl.co.jp/bio/product/circadian/pickup/dbp-e4bp4.html
□ GNAT2
  http://ruo.mbl.co.jp/bio/product/circadian/pickup/gnat2.html
□ ヒトとの交差反応性
  http://ruo.mbl.co.jp/bio/product/circadian/pickup/reactivity.html
□ MBL社員による学会発表はこちら!(時間生物学会)
  主要因子についてRNAとタンパク質の発現レベルの比較検討
  http://ruo.mbl.co.jp/bio/product/circadian/presentations.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
なお、本情報サービスについてご意見、ご要望などお待ちしております。