抗体 製品詳細情報

Code No. D083-3 プリントプリント
Anti-CD112 (Nectin-2) (Mouse) mAb
価格(税別) ¥48,000
包装 100 µg/100 µL
在庫 10以上
(2019/09/22 17:00時点)
クローナリティー Monoclonal
クローン 502-57
アイソタイプ
(免疫動物)
Rat IgG2aκ
使用法 IC 5-10 ug/mL  
免疫原(抗原) Recombinant Mouse Nectin2 extracellular region (1-338a.a.)-Fc fusion protein
交差性 [Gene ID]

Mouse

性状 1 mg/mL in PBS/50% glycerol, pH 7.2
保存温度 -20°C
標識 Unlabeled
メーカー MBL
関連製品 D146-3 Anti-Nectin-1 (Mouse) mAb
製品カテゴリー 分野:細胞膜表面抗原
データ

使用文献

Western Blotting

  1. Shiotani H et al. Aging-dependent expression of synapse-related proteins in the mouse brain. Genes Cells. 22, 472-484 (2017)(PMID:28397972)

Immunocytochemistry

  1. Ishiuchi T, Takeichi M. Nectins localize Willin to cell-cell junctions. Genes Cells. 17, 387-97 (2012)(PMID:22512338)

Immunohistochemistry

  1. Yoshida M et al. Periderm cells covering palatal shelves have tight junctions and their desquamation reduces the polarity of palatal shelf epithelial cells in palatogenesis. Genes Cells 17, 455-72 (2012)(PMID:22571182)
  2. Katsunuma S et al. Synergistic action of nectins and cadherins generates the mosaic cellular pattern of the olfactory epithelium. J Cell Biol. 212, 561-75 (2016)(PMID:26929452)

※在庫につきましては2019年09月22日 17時00分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation,
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization

ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

MBLCopyright (C)2015 Medical & Biological Laboratories Co., Ltd. All Rights Reserve