トップ > 製品検索結果一覧 > Code No. RN001M Anti-IGF2BP1 (IMP1) mAb

Code No. RN001M

Anti-IGF2BP1 (IMP1) mAb

価格(税別)

¥60,000

在庫

10以上

(2019/05/24 00:05時点)

包装

200 µg/200 µL

データ
  • Western Blotting

  • Immunoprecipitation

  • RNP Immunoprecipitation

クローナリティー Monoclonal クローン 6H6
アイソタイプ
(免疫動物)
Mouse IgG2aκ
使用法
WB
1 μg/mL  
IP
5 μg/500 μL of cell extract from 5 x 106 cells  
RIP
15 μg/500 μL of cell extract from 1 x 107 cells  
免疫原(抗原) Recombinant full length IGF2BP1
交差性
[Gene ID]

Human[10642], Mouse[140486]

性状 1 mg/mL in PBS/50% glycerol, pH 7.2
保存温度 -20°C 標識 Unlabeled メーカー MBL
別称 insulin-like growth factor binding protein 1, CRD-BP, CRDBP, IMP-1, VICKZ1, ZBP1
背景 Localization of IGF2 mRNA-binding protein 1 (IMP1) is associated with motility, and the major functions of IMP1 are carried out by the phylogenetically conserved K homology (KH) domains. IMP1 can affect stability, localization, and translation of its target RNAs. Binding of IMP1 to the leader 3 mRNA in the 5’-untranslated region (UTR) of IGF2 inhibits translation from a leader 3 reporter mRNA. Aberrant IMP1 expression may interfere with c-myc regulation. In tumors, gains at 8q24 (c-myc locus) were observed to be more frequent than those at 17q21 (IMP1 locus). Furthermore, IMP1 expression was frequently detected in tumors, implying that the mechanism of activation is other than that of gene amplification.
関連製品 RN1001 RIP-Assay Kit
RN1005 RIP-Assay Kit for microRNA
RN007P Anti-IGF2BP1 (IMP1) pAb
RN008P Anti-IGF2BP2 (IMP2) pAb
RN009P Anti-IGF2BP3 (IMP3) pAb
RN048PW Anti-G3BP1 pAb
使用文献
使用文献募集中!本製品を使って論文を発表されましたら是非お知らせください。

Western Blotting

  1. Cassar PA et al. Integrative genomics positions MKRN1 as a novel ribonucleoprotein within the embryonic stem cell gene regulatory network. EMBO Rep. 16, 1334-57 (2015)(PMID:26265008)
製品
カテゴリー
分野
RNA-RNPネットワーク
がん
神経科学
ブランド
使用文献・データ募集プレゼント対象製品
RiboCluster Profiler™
この製品に関するお問い合わせをする

※在庫につきましては2019年05月24日 00時05分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。