トップ > 製品検索結果一覧 > Code No. PM059 Anti-KDEL pAb

Code No. PM059

Anti-KDEL pAb

価格(税別)

¥25,000

在庫

1-9

(2019/06/26 00:05時点)

包装

100 µL

データ
  • Western Blotting

  • Immunocytochemistry

クローナリティー Polyclonal クローン Polyclonal
アイソタイプ
(免疫動物)
Rabbit Ig (aff.)
使用法
WB
1:500  
IC
1:1,000  
IH*
reported.  (PMID: 19767744
IF*
reported.  (PMID: 28342860
免疫原(抗原) Mouse GRP78 C-terminal 644-654 aa
交差性
[Gene ID]

Human, Mouse

性状 PBS/50% glycerol, pH 7.2
保存温度 -20°C 標識 Unlabeled メーカー MBL
背景 The KDEL (lys-asp-glu-leu) sequence is most common endoplasmic reticulum (ER) retention signal. The ER resident proteins, which should be located in the ER, have this retention motif, and this retention is mediated by KDEL receptor. This antibody can specifically detect GRP78 (78 kDa protein) and GRP94 (94 kDa protein) including a KDEL sequence by WB.
関連製品 M178-3 Anti-Calnexin mAb
PM060 Anti-Calnexin pAb
M176-3 Anti-EEA1 mAb
PM062 Anti-EEA1 pAb
M179-3 Anti-GM130 mAb
PM061 Anti-GM130 pAb
M181-3 Anti-KDEL mAb
PM064 Anti-Lamin B1 pAb
PM063 Anti-COX4 pAb
使用文献
使用文献募集中!本製品を使って論文を発表されましたら是非お知らせください。

Immunocytochemistry

  1. Ishii S et al. Functional characterization of lysophosphatidic acid receptor 1 mutants identified in rat cancer tissues. Biochem Biophys Res Commun. 486, 767-773 (2017)(PMID:28342860)

Immunohistochemistry

  1. Saito A et al. Regulation of endoplasmic reticulum stress response by a BBF2H7-mediated Sec23a pathway is essential for chondrogenesis. Nat Cell Biol. 11, 1197-1204 (2009)(PMID:19767744)
  2. Yamanaka T et al. NF-Y inactivation causes atypical neurodegeneration characterized by ubiquitin and p62 accumulation and endoplasmic reticulum disorganization. Nat Commun. 5, 3354 (2014)(PMID:24566496)
  3. Yamanaka T et al. Differential roles of NF-Y transcription factor in ER chaperone expression and neuronal maintenance in the CNS. Sci Rep. 6, 34575 (2016)(PMID:27687130)
製品
カテゴリー
ツール
コントロール抗体
その他
この製品に関するお問い合わせをする

※在庫につきましては2019年06月26日 00時05分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。