トップ > 製品検索結果一覧 > Code No. M226-3 Anti-ATAD2 (ANCCA) (Human) mAb

Code No. M226-3

Anti-ATAD2 (ANCCA) (Human) mAb

価格(税別)

¥48,000

在庫

10以上

(2019/09/17 17:00時点)

包装

100 µg/100 µL

データ
  • Western Blotting

  • Immunoprecipitation

  • Immunocytochemistry

  • Immunohistochemistry

クローナリティー Monoclonal クローン C20-19
アイソタイプ
(免疫動物)
Mouse IgG1 κ
使用法
WB
1 μg/mL  
IP
5 μg/sample  
IC
1 μg/mL  
IH
5 μg/mL (Heat treatment is necessary for paraffin embedded sections.)  
免疫原(抗原) Recombinant protein, corresponding to amino acids 1159-1350 of human ATAD2 (ANCCA)
交差性
[Gene ID]

Human[29028], Mouse(-), Rat(-), Monkey(-)

性状 1 mg/mL in PBS/50% glycerol, pH 7.2
保存温度 -20°C 標識 Unlabeled メーカー MBL
別称 ATPase family AAA domain-containing protein 2, CT137, PRO2000
背景 ATAD2, also known as ANCCA, belongs to the AAA type ATPase family and contains a bromodomain, which involves in recognition of an epigenetic histone modification (acetylated lysine). High expression levels of ATAD2 protein are observed in various cancer tissues, and its overexpression in breast and lung cancer is associated with poor tumor prognosis. The bromodomain region of ATAD2 is increasingly targeted for chemical inhibitors used to treat cancer.
関連製品 D319-3 Anti-Brg1 (Smarca4) mAb
M075-3 Mouse IgG1 (isotype control)
参考文献
  1. Kalashnikova EV et al. ANCCA/ATAD2 overexpression identifies breast cancer patients with poor prognosis, acting to drive proliferation and survival of triple-negative cells through control of B-Myb and EZH2. Cancer Res 70, 9402-12 (2010)(PMID: 20864510
  2. Ciró M et al. ATAD2 is a novel cofactor for MYC, overexpressed and amplified in aggressive tumors. Cancer Res 69, 8491-8 (2009)(PMID: 19843847
製品
カテゴリー
分野
エピジェネティクス
がん
ツール
病理染色関連ツール
この製品に関するお問い合わせをする

※在庫につきましては2019年09月17日 17時00分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。