トップ > 製品検索結果一覧 > Code No. M171-7 Anti-GAPDH mAb-HRP-DirecT

Code No. M171-7

Anti-GAPDH mAb-HRP-DirecT

価格(税別)

¥16,000

在庫

10以上

(2019/08/25 00:05時点)

包装

50 µL

データ
  • Western Blotting

クローナリティー Monoclonal クローン 3H12
アイソタイプ
(免疫動物)
Mouse IgG2aκ
使用法
WB
1:1000-1:4000  
免疫原(抗原) GAPDH from Rabbit muscle
交差性
[Gene ID]

Human[2597], Mouse[14433], Rat[24383], Hamster

性状 PBS/Preservative/Stabilizer
保存温度 4°C 標識 HRP メーカー MBL
別称 glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase, G3PD, GAPD
関連製品 M171-3 Anti-GAPDH mAb
M175-3 Anti-α-Tubulin mAb
M177-3 Anti-β-Actin mAb
使用文献
使用文献募集中!本製品を使って論文を発表されましたら是非お知らせください。

Western Blotting

  1. Komada M et al. Smoothened controls cyclin D2 expression and regulates the generation of intermediate progenitors in the developing cortex. Neurosci Lett. 547, 87-91 (2013)(PMID:23680462)
  2. Meng L et al. RIP3-mediated necrotic cell death accelerates systematic inflammation and mortality. PNAS. 112, 11007-12 (2015)(PMID:26283397)
  3. Ueyama T et al. Constitutive activation of DIA1 (DIAPH1) via C-terminal truncation causes human sensorineural hearing loss. EMBO Mol Med. 8, 1310-1324 (2016)(PMID:27707755)
  4. Ito M et al. Protein-Anchoring Therapy of Biglycan for Mdx Mouse Model of Duchenne Muscular Dystrophy. Hum Gene Ther. 28, 428-436 (2017)(PMID:27485975)
  5. Li D et al. RIPK1-RIPK3-MLKL-dependent necrosis promotes the aging of mouse male reproductive system. Elife 6, e27692 (2017)(PMID:28807105)
  6. Bakhit A et al. Strontium ranelate promotes odonto-/osteogenic differentiation/mineralization of dental papillae cells in vitro and mineralized tissue formation of the dental pulp in vivo. Sci Rep. 8, 9224 (2018)(PMID:29907831)
  7. Sunamura N et al. Loss of the fragile X mental retardation protein causes aberrant differentiation in human neural progenitor cells. Sci Rep. 8, 11585 (2018)(PMID:30072797)
製品
カテゴリー
ツール
コントロール抗体
ブランド
使用文献・データ募集プレゼント対象製品
この製品に関するお問い合わせをする

※在庫につきましては2019年08月25日 00時05分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。