トップ > 製品検索結果一覧 > Code No. M148-3M Anti-monomeric Kusabira-Green N-terminal fragment mAb

Code No. M148-3M

Anti-monomeric Kusabira-Green N-terminal fragment mAb

価格(税別)

¥48,000

在庫

10以上

(2019/07/22 00:05時点)

包装

100 µg/100 µL

データ
  • Western Blotting

クローナリティー Monoclonal クローン 1E6
アイソタイプ
(免疫動物)
Mouse IgG2b
使用法
WB
1 µg/mL  
IC*
  (PMID: 22911572
免疫原(抗原) mKG_N (1-168 a.a.)
性状 1 mg/mL in PBS/50% glycerol, pH 7.2
保存温度 -20°C 標識 Unlabeled メーカー MBL
別称 mKG_N
背景 CoralHue® Fluo-chase Kit can detect protein-protein interactions as fluorescent signals using the protein fragment complementation method. The gene of CoralHue® monomeric Kusabira-Green (mKG), a reporter protein, is divided into two fragments (CoralHue® mKG_N fragment and CoralHue® mKG_C fragment) which are respectively fused to the target protein genes to investigate the interactions. When the expressed target proteins don’t interact, CoralHue® mKG_N fragment and CoralHue® mKG_C fragment cannot approach each other and can not emit fluorescence. However, when target proteins interact, divided CoralHue® mKG fragments spatially approach each other and the local effective concentration increases. As a result, mKG fragments form a steric structure before dividing and the chromophore emits fluorescence. The fluorescent signals can be detected depending on the fused target protein-protein interactions.
関連製品 M149-3M Anti-monomeric Kusabira-Green C-terminal fragment mAb
M168-3M Anti-monomeric Kusabira-Orange 2 mAb
備考 This antibody (clone 1E6) has the epitope on CoralHue® mKG_N fragment and can detect the fusion protein with CoralHue® mKG_N specifically.
使用文献
使用文献募集中!本製品を使って論文を発表されましたら是非お知らせください。

Immunocytochemistry

  1. Nitta S et al. Hepatitis C virus NS4B protein targets STING and abrogates RIG-I-mediated type I interferon-dependent innate immunity. Hepatology 57, 46-58 (2013)(PMID:22911572)
製品
カテゴリー
ツール
蛍光タンパク
ブランド
使用文献・データ募集プレゼント対象製品
この製品に関するお問い合わせをする

※在庫につきましては2019年07月22日 00時05分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。