トップ > 製品検索結果一覧 > Code No. M043-3 Anti-DJ-1 (Human) mAb

Code No. M043-3

Anti-DJ-1 (Human) mAb

価格(税別)

¥48,000

在庫

10以上

(2019/09/20 00:05時点)

包装

100 µg/100 µL

データ
  • Western Blotting

クローナリティー Monoclonal クローン 3E8
アイソタイプ
(免疫動物)
Mouse IgG1
使用法
WB
1-10 µg/mL  
IC*
reported.  (PMID: 21645620 / 29447925
IH*
reported.  (PMID: 29447925
免疫原(抗原) Recombinant full-length human DJ-1 (1-187 a.a.)
交差性
[Gene ID]

Human[11315], Mouse(-), Rat(-)

性状 1 mg/mL in PBS/50% glycerol, pH 7.2
保存温度 -20°C 標識 Unlabeled メーカー MBL
別称 PARK7, Parkinsonism associated deglycase, DJ1
使用文献
使用文献募集中!本製品を使って論文を発表されましたら是非お知らせください。

Western Blotting

  1. Ishikawa S et al. Oxidative status of DJ-1-dependent activation of dopamine synthesis through interaction of tyrosine hydroxylase and 4-dihydroxy-L-phenylalanine (L-DOPA) decarboxylase with DJ-1. J Biol Chem. 284, 28832-44 (2009)(PMID:19703902)
  2. Ishikawa S et al. Human DJ-1-specific transcriptional activation of tyrosine hydroxylase gene. J Biol Chem. 285, 39718-31 (2010)(PMID:20938049)
  3. Usami Y et al. DJ-1 associates with synaptic membranes. Neurobil Dis. 43, 651-62 (2011)(PMID:21645620)
  4. Yamaguchi S et al. Transcriptional activation of low-density lipoprotein receptor gene by DJ-1 and effect of DJ-1 on cholesterol homeostasis. Arch Pharm Res. 40, 1105-PLoS One 7, e38144 (2012)(PMID:22666465)
  5. Lee YJ et al. Pro-oxidant status and Nrf2 levels in psoriasis vulgaris skin tissues and dimethyl fumarate-treated HaCaT cells. Arch Pharm Res. 40, 1105-1116 (2017)(PMID:28918452)
  6. Tabata Y et al. DJ-1 is a useful biomarker for invasive extrahepatic cholangiocarcinoma. Hum Pathol. 76, 28-36 (2018)(PMID:29447925)

Immunocytochemistry

  1. Usami Y et al. DJ-1 associates with synaptic membranes. Neurobil Dis. 43, 651-62 (2011)(PMID:21645620)
  2. Tabata Y et al. DJ-1 is a useful biomarker for invasive extrahepatic cholangiocarcinoma. Hum Pathol. 76, 28-36 (2018)(PMID:29447925)

Immunohistochemistry

  1. Tabata Y et al. DJ-1 is a useful biomarker for invasive extrahepatic cholangiocarcinoma. Hum Pathol. 76, 28-36 (2018)(PMID:29447925)
製品
カテゴリー
分野
がん
細胞ストレス
この製品に関するお問い合わせをする

※在庫につきましては2019年09月20日 00時05分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。