トップ > 製品検索結果一覧 > Code No. D330-3 Anti-IDH2 mAb

Code No. D330-3

Anti-IDH2 mAb

価格(税別)

¥34,000

在庫

10以上

(2017/07/25 01:30時点)

包装

100 µg/100 µL

データ
  • Western Blotting

  • Western Blotting

  • Immunocytochemistry

クローナリティー Monoclonal クローン KrMab-3
アイソタイプ
(免疫動物)
Mouse IgG2bκ
使用法
WB
1-5 μg/mL for chemiluminescence detection system  
IC
5 μg/mL  
交差性
[Gene ID]

Human[3418], Hamster

性状 1 mg/mL in PBS/50% glycerol, pH 7.2
保存温度 -20°C 標識 Unlabeled メーカー MBL
別称 isocitrate dehydrogenase 2 (NADP+), mitochondrial, D2HGA2, mNADP-IDH
関連製品 D311-3 Anti-IDH2 mAb
D328-3 Anti-IDH2-R172K (Human) mAb
D309-3 Anti-IDH1 mAb
D299-3 Anti-IDH1-R132H (Human) mAb
D337-3 Anti-IDH2-R172M (Human) mAb
D300-3 Anti-IDH1-R132S (Human) mAb
D331-3 Anti-IDH1-R132G (Human) mAb
D336-3 Anti-IDH1 mAb
D338-3 Anti-IDH2-R172W (Human) mAb
D332-3 Anti-Mutated IDH1/2 (Human) mAb
使用文献
使用文献募集中!本製品を使って論文を発表されましたら是非お知らせください。

Western Blotting

  1. Kaneko MK et al. Establishment of novel monoclonal antibodies KMab-1 and MMab-1 specific for IDH2 mutations. Biochem Biophys Res Commun. 432, 40-5 (2013)(PMID:23376717)
  2. Ogasawara S et al. Multi-specific monoclonal antibody MsMab-2 recognizes IDH1-R132L and IDH2-R172M mutations. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 32, 377-81 (2013)(PMID:24328739)
  3. Ohka F et al. Quantitative metabolome analysis profiles activation of glutaminolysis in glioma with IDH1 mutation. Tumour Biol. (2014) In press.(PMID:24590270)

Immunocytochemistry

  1. Kaneko MK et al. Establishment of novel monoclonal antibodies KMab-1 and MMab-1 specific for IDH2 mutations. Biochem Biophys Res Commun. 432, 40-5 (2013)(PMID:23376717)
製品
カテゴリー
分野
がん
神経科学
ツール
病理染色関連ツール
この製品に関するお問い合わせをする

※在庫につきましては2017年07月25日 01時30分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。