トップ > 製品検索結果一覧 > Code No. D162-5 Anti-Flavocytochrome b558 (Human) mAb-PE

Code No. D162-5

Anti-Flavocytochrome b558 (Human) mAb-PE

価格(税別)

¥30,000

在庫

10以上

(2019/09/17 00:05時点)

包装

1 mL (50 tests)

データ
  • Flow Cytometry

クローナリティー Monoclonal クローン 7D5
アイソタイプ
(免疫動物)
Mouse IgG1
使用法
FCM
20 µL (Ready for use.)  
免疫原(抗原) Human cytochrome b rich fraction
交差性
[Gene ID]

Human[1535/1536], Mouse(-)

性状 PBS/1% BSA/0.1% ProClin 150
保存温度 4°C 標識 PE メーカー MBL
別称 CYBA, CYBB, p22-PHOX, cytochrome b-245 light chain, p22phox, cytochrome b light chain, p22 phagocyte B-cytochrome
背景 The NADPH oxidase is a multicomponent enzyme that transfers electrons from NADPH to O2 to generate superoxide (O2-), a key part of the phagocytic or neutrophilic respiratory burst response. Flavocytochrome b558 is the catalytic component of the phagocyte NADPH oxidase. It is a transmembrane heterodimer composed of a large glycoprotein, gp91phox (PHagocyte OXidase) and a smaller protein, p22phox. Upon cell stimulation, flavocytochrome b558 assembles with p67phox, p47phox, and the GTP-binding protein Rac and becomes activated to generate O2-.  Mutations in gp91phox, p22phox, or other components of the NADPH oxidase can result in chronic granulomatous disease, which is associated with significant morbidity and mortality due to a predisposition to recurrent bacterial and fungal infections.
関連製品 D162-3 Anti-Flavocytochrome b558 (Human) mAb
D162-4 Anti-Flavocytochrome b558 (Human) mAb-FITC
使用文献
使用文献募集中!本製品を使って論文を発表されましたら是非お知らせください。

Flow Cytometry

  1. Zou J et al. Oxidase-deficient neutrophils from X-linked chronic granulomatous disease iPS cells: functional correction by zinc finger nuclease-mediated safe harbor targeting. Blood 117, 5561-72 (2011)(PMID:21411759)
製品
カテゴリー
分野
シグナル伝達
細胞ストレス
この製品に関するお問い合わせをする

※在庫につきましては2019年09月17日 00時05分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。