トップ > 製品検索結果一覧 > Code No. D032-3H Anti-Proton Pump (H,K-ATPase β subunit) mAb

Code No. D032-3H

Anti-Proton Pump (H,K-ATPase β subunit) mAb

価格(税別)

¥32,000

在庫

1-9

(2019/06/26 00:05時点)

包装

6 mL

データ
  • Immunohistochemistry

クローナリティー Monoclonal クローン 2B6
アイソタイプ
(免疫動物)
Mouse IgG1
使用法
IH
Ready for use  
交差性
[Gene ID]

Human[496], Mouse[11945], Rat[24217], Bovine[614308]

保存温度 4°C 標識 Unlabeled メーカー MBL
背景 Hydrogen-potassium adenosine triphosphatase (H+, K+-ATPase) belongs to a family of P-type cation-transporting ATPases that also includes Ca2+-ATPase and Na+, K+-ATPase. H+, K+-ATPase is responsible for acid secretion into the stomach and catalyzes electroneutral exchange of cytoplasmic hydrogen ions and external potassium ions coupled with ATP hydrolysis. The enzyme is found in gastric parietal cells where it is located in cytoplasmic vesicles or apical plasma membranes of the secretory canaliculus. H+, K+-ATPase is a heterodimer consisting of a high molecular weight catalytic a subunit and a smaller but heavily glycosylated b subunit. The a subunit of H+, K+-ATPase has 10 transmembrane domains and contains sites for ATP binding and its acylphosphorylation, binding sites of proton pump inhibitors, and sites responsible for ion recognition.
関連製品 D031-3 Anti-Proton Pump (H,K-ATPase α subunit) mAb
D031-3H Anti-Proton Pump (H,K-ATPase α subunit) mAb
D032-3 Anti-Proton Pump (H,K-ATPase β subunit) mAb
備考 This hybridoma was established by fusion of mouse myeloma cell Sp2/0-Ag14 with Balb/c nu/+ mouse splenocyte with neonatal thymectomy-induced autoimmune gastritis.
製品
カテゴリー
ツール
病理染色関連ツール
その他
この製品に関するお問い合わせをする

※在庫につきましては2019年06月26日 00時05分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。